読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

移動式のブログ

ガジェット、アニメ、プログラミング、考えたことその他色々・・・特にこれといったテーマはないカオスなブログです。

ゲームの世界≒現実世界

ゲームの世界≒現実世界

オンラインゲームでリアルマネートレードRMT)というものがある。
RMTは、ゲーム内のアイテムやキャラクターを現金と交換するような考え方だ。
しかし、ビットコインが今以上に普及して、オンラインゲーム自体にビットコインが導入されて、ゲーム内のお金がビットコインであるゲームがそのうち出てくる可能性もあるんじゃないか。
そして、VR技術が進化して、仮想世界上のオフィスで仕事をしてお金(ビットコイン)を稼いで生きていく、またはゲームのRMTビットコインバージョンで稼いで生きるというライフスタイルが一般的になる可能性がある。

f:id:idoushiki:20170318011130p:plain
もしも、この図のような装置が出てきたら、現実世界に戻ってこない人間が出始めるかもしれない。
この上の図のように、棺桶型の箱の中に入れば、外に出なくても生命を維持できるので、ほぼ死ぬまでずっとこの中で生きていくことができる。さらにひどくなると、人間の肉体を捨てて、自分の精神をコンピューター内に移植してしまう人も出てくるだろう。

オキュラスのようにVR(仮想現実)世界を体感できるゴーグルが存在するが、それは視覚と聴覚でしか仮想世界を楽しめない。
そのうちソードアートオンラインというアニメのように、五感も存在するVRが誕生するかもしれない。仮想世界に入り込んで、その世界の中で現実の世界のように五感がある状態で生活することができるようになる可能性がある。

ゲームどころか、人生そのものを仮想世界で生きていく人間もいることだろう。仮想現実人という言葉が新たに誕生しそうだ。
インターネットカフェ的な感じで、VRカフェがでてきて、この上の図のような棺桶型マシンが大量に並んでいる光景が一般的になるだろう。
近い将来、現在存在している仕事のほとんどは人工知能ロボット、または、VR空間から人間が操縦するロボットによってされることになる可能性がある。
そして、ほとんどの人間が、職業:ゲーマ―みたいな状態になるかもしれない。
世界がこうなると、戦争も、仮想現実ないのコックピットから無人機を操縦したり、ロボットを使ったりしてバトルする、または、物理的な戦闘を一切行わずにVR世界内で完結するスタイルになるだろう。