読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

移動式のブログ

ガジェット、アニメ、プログラミング、考えたことその他色々・・・特にこれといったテーマはないカオスなブログです。

人生は何気に短い

4月、新年度だ。

高校も卒業して、今年で19歳。人生は短いなぁと身をもって実感する。
公園で桜が綺麗だった。「満開の桜」という言葉を聞いて、脳内で連想するような映像をそのまま具現化したような満開の桜だった。
リアルで桜が満開の景色も、あと何十回かしか見ることが出来ないと思えば、人生の短さがよくわかる。ゲームの世界だったら、一体何回人生を繰り返したのだろうか。ゲームなら、何度でも人生をやり直すことが出来るというのに。


いつも思っていることがあるのだが、寿命が80年の人間でも、人生を楽しめる時間って40年すらないのではないか。
単純計算で、

寝ている時間を一日8時間とすると、

8×365×80=233600時間

233600÷24=9733日


9733÷365≒26年


睡眠時間だけで26年間は犠牲となる。


学校、仕事の時間を8時間とすると、

学校は小学校~高校まで、年間休日150日だとすると

215×8×12=20640時間
20640÷24=860日
よって、2年数か月

仕事を始めるのは高卒、大卒と、人それぞれ就職する時期が違うので、40年間としよう、
年間休日120日だとして、仕事の時間は、

8×245×40=78400時間
78400÷24≒3266日
3266日は、約9年間

仕事や学校に奪われる時間を合わせると、約12年間になる。


自分で完全に自由に利用できる時間は、80から、38年を引いて、約42年間となる。
42年と聞いて、長いと感じるかもしれないが、年を取ると体が不自由になって、寝たきりの生活になる可能性がある。そうなると、老後の生活が決して自分の好きなことが自由にできる楽しい時間であるとは限らない。

さらに、通勤、通学時間など、細かいものやを合わせれば、もっと短くなるし、誰もが80歳まで生きられるわけではないので、人によってはもっと短くなるだろう。例えば、60歳で死ぬ場合は実質的に人生が22年間しかないのと同じだ。平均寿命はあくまでも「平均」であって、誰もが80年も90年も生きられるわけじゃない。人生は短い

就職先が良くて仕事が楽しかったり、自分自身が社長やフリーランスだったりすれば、自分の自由に利用できる時間が奪われる感覚はほとんどないと思う。しかし、やりたくない仕事とか、嫌な企業で働いている人の場合は、20代から、65歳になるまでの間の約四十年(時間的には9年分ぐらい)の時間が奪われるようなもので、人生の大半が苦痛な時間と感じるだろう。さらに、学校が苦痛だと感じていて、大学も行きたくない大学に行ったとしたら、「人生って短い上に、クソだなぁ~」なんて感じてしまうのではないだろうか。
最近、ネット上で「社会人は40年の懲役」とか書いてあったのを思い出した。選択次第で40年の懲役にも40年の天国にもなうる。だけど、仕事の場合、嫌なら辞められる上に、休みの日は自由に動けるから「懲役」というほどきついものではないと思うが、的外れでもないと思う。



俺は何気なく一日を無駄に過ごしてしまうことがよくあるが、結構もったいないなーと感じてしまう。俺が80年生きるなら、自分に与えられた時間は実質、42年以下なわけだから。さらに、その42年のうち19年分はもう消費してしまったのだから、23年しか残されていないことになる。起業するとか、セミリタイアとか、ニートとか、やり方次第で自分が自由に行動できる時間の合計は23年よりも長くすることはできるけど。

そう考えると、季節が変わるごとに、「あと何回、この季節を迎えることが出来るのだろうか」と考えてしまう。
真っ白な雪景色や、桜とか、季節にかかわるものを見るたびに、「綺麗な景色を見ることが出来て幸せだなぁ」と思う。実際に、あと50回ぐらい雪とか桜とかを見たら死ぬんだろうし。死んだらこの世界に再び生まれてくるとも限らないし、自分としての人生を再び繰り返すことが出来る可能性はほぼ0じゃないだろうか。死んだことないからわからないけど。



季節に関する景色でなくても、一日の終わりに上を見上げた時、視界に広がるカクテルゼリーみたいなきれいなグラデーションの夕焼け空なんか見るだけでも感動するぐらいだ。この綺麗なおいしそうな空をリアルタイムで見れる回数にも限りがあるんだなと思うと切なくなる。
何気ない日常の風景は、人間の人生の儚さを再認識させてくれるなぁと感じる。短いからこそ、なんの変哲もない自然の風景だとかを見て感動するのだろう。
自分が不老不死だとしたら、生きていてる有難みが感じなくなって、そのうち地球にいること自体に飽きるだろうし。



それにしても、まだ20歳になってすらいないのにずいぶんと年寄りじみたこと言っているなぁ。
「桜を見るたび、人の人制の儚さを実感するんだ」なんて言っていて、「あと何回この季節を迎えることが出来るのかなぁ」なんて、残りの人生が少ない人が言っているかのような感じだな。

どこかに、人生リセットボタン俺にくれる奴おらんかね。死ぬ直前で人生リセットすれば実質不死身だ。
単に自分の体が不老不死になっても、50億年後に太陽の寿命が来て、地球もろとも太陽系がなくなって宇宙空間に自分一人が永遠に取り残されるから大変そうだ。死ぬ直前に人生リセットしてある意味不死身な状態のほうがその心配がなくて良い。飽きたらそのまま死ぬこともできるし。

広告を非表示にする