移動式のブログ

ガジェット、アニメ、プログラミング、考えたことその他色々・・・特にこれといったテーマはないカオスなブログです。

四次元ポケット 仕組み

四次元ポケットの中はどうなっているんだろう

この世界は四次元時空だ。
幅奥行高さのある三次元空間に時間を加えて、四次元であるということだ。
しかし、ドラえもんの四次元ポケットはどうなっているのだろうか。
四次元ポケットの容量に上限は無い。無限に物を入れることが出来る。
恐らく、ドラえもんのポケットは「時間の制約がない空間」なのかもしれない。
昔、自分が考えた、「四次元ポケットの時間分割論」について書こうと思う。

時間の制約

この世界は時間を逆戻りすることはできない。
光速以上の速さで移動することが出来れば時間を逆に進めるという考えもある。
しかし、物質が光速に近づくにしたがって、その物質の質量も無限大に近づいていくので、物質を光速にするのに必要なエネルギーも無限大必要になってしまい、今のところは基本的に光速以上の速さで移動することは不可能である。
タキオン」という光速を超える速さで移動する物質の存在が予想されているが、本当に存在しているのかはわかっていない。

つまり、この世界で人間が時間を遡ることは基本的には不可能であるということだ。

それなら、時間を早く進める(未来に行く)ことはどうなのかというと、技術的に不可能だ。
光速に限りなく近い速さで移動できる乗り物が必要だ。

例えばAという人間とBという人間がいたとして、Aが超早いロケットに乗って、光速に近い速さで移動して、Bは、地球で待機しているとする。
この場合、Aの感じる時間の速さは、Bよりも遅くなるようだ。
つまり、光速に近い速さで進むロケットに乗ったAが一年をロケット内で過ごしたとすると、地球では何十年も過ぎたことになっている。
そして、一年後にAが地球に戻ってきたときにはBは老人になっていた!みたいなイメージだ。

移動する速さが光速に近づくほど、時間の流れは遅くなる
ということだ。



このように、この世界では「時間の方向」は存在するのだが、人間は時間の移動に制約があるということだ。
過去に行くことも未来に行くことも可能なのかもしれないが、基本的に人間は、絶対に時間を戻ったり超早く移動したりはできない。
人間にとってはこの世界では、常に一定の速さで時間が流れていて、止めることも戻すこともできないのだ。

このことから、ドラえもんのタイムマシンは、100パーセントあり得ない道具なわけではない。
過去に行くことは不可能でも、未来にいくのは理論的に可能ではある。





しかし、四次元ポケット内の空間は、「時間の移動に制約が無い空間」可能性がある。

時間を分割して空間を複製する

時間の制約が無いということは、任意の時間に自由に移動できるということだ。
例えば、空間Aという場所があったとすると、一億年前の場所Aにも、一秒後の空間Aにも自由に時間を移動することが出来る。

それなら、時間を極限にまで細かく分割すれば、時間を無限に分割させることができる。時間を無限に分割するということは、空間Aを無限に複製することが出来るんじやないか。

何が言いたいかというと、一分は一秒が60個集まってできている。
一秒単位で空間Aを分割すれば、60秒分、つまり、空間Aが60個分存在するのと同じことになる。

つまり、時間方向に広さが生まれるのだ。
時間は無限に存在するので、四次元ポケットの広さは事実上無限大となる。


四次元ポケット自体は、どこでもドアと同じような原理で、専用の倉庫みたいな場所か何もない空間につながっていると予想されるが、その収納スペース自体が狭くても、時間方向の広さを持っているので、ポケットに入るサイズの道具なら、無限に収納できる。


時間方向の広さとは何か

f:id:idoushiki:20170526201946p:plain

上の図のように数十立方センチメートル程度の空間Aがあったとして、現在時刻00:01の空間Aにおにぎりを収納して、一秒後の00:02の空間Aに爆弾を収納して、2秒後の00:03の空間Aにゲーム機を収納して…といったように同じ空間の異なるそれぞれの時間にものを収納することが出来るということだ。


0.0000000001秒単位で空間Aを分割すれば、1秒間の間の空間Aに、空間Aに収まる大きさの物質を100億個収納できるということになる。
実際に、今自分たちが住んでいるこの世界に、0.0000000001秒前の宇宙は存在しているし、0.0000000002秒前の宇宙も存在していたはず。

もし、時間を止めることが出来るのなら、0.0000000001秒前の宇宙にずっといることが出来る。

それなら、0.0000000001秒間という特定の時間の特定の空間Aにものを固定することが出来れば、1秒間の間に、同じ場所Aに100億個の物を置けるということだ。
場所Aが、人ひとりはいるトイレだとしたら、一秒間の間に、そのトイレ一部屋に100億人がいることになる。

例えば、ポケットの中の時間を0.000000…と限りなく細かい時間に分割すれば、普通のズボンのポケットでも、飴玉やスマホなどが無限個入れることが出来るということになる。

時間の移動に制約がなければ、時間方向に広さが生まれる。
時間方向の広さを利用して、容量無制限の収納を実現しているのが四次元ポケットである。