移動式のブログ

ガジェット、アニメ、プログラミング、考えたことその他色々・・・特にこれといったテーマはないカオスなブログです。

青春18切符で栃木県から京都まで行った

親が二日分残った18きっぷをくれたので、栃木県から京都まで電車で行くことにチャレンジしてみた。
このきっぷは一回の利用につきJRの電車が一日乗り放題になるきっぷで、5回分利用することができる。
以下のサイトに書いてあるように、青春18きっぷとは11850円で買うことができる。
青春18きっぷ

自分の住んでいるところ〜熱海〜静岡〜浜松〜豊橋〜大垣〜米原〜京都
といったようなルートで京都まで向かった。
熱海から京都までは8時間ぐらいかかったと思う。家からでた時間も含めれば12時間、半日はかかったので長旅だった。
距離は400km以上はあるんだな〜。
f:id:idoushiki:20171230215933p:plain

調べてみたところ、出発地点から京都駅まで普通に電車に乗ったら1万円以上運賃がかかる。
新幹線で行っても、1万円以上運賃はかかる。しかし、新幹線なら東京から3時間ぐらいで京都まで行ける。

18きっぷを5回分全て今回と同じレベルの使い方をすれば約1万円で5万円分移動できるので5倍ぐらい運賃がお得になるということだ。
お得で良いですね。

さすがに日帰りだと単に京都と家を往復するだけになってしまってつまらないので、1泊することにした。
メディアカフェポパイというインターネットカフェで仮眠をとった。
www.media-cafe.ne.jp

このネットカフェ、ナイトパック5時間で1600円ぐらいで10時間だと2000円ぐらいで利用できる。
俺はインターネットカフェを利用したのは今回が人生初な気がする。
ネットカフェは、かなり快適な空間だと思った。
パソコン付きの個室に飲み物の飲み放題、漫画読み放題、個室なら普通に寝泊りできる、シャワーもある、有料だが食い物も売っている。



f:id:idoushiki:20171230222942j:plain
京都に到着した時は薄暗くなっていたので、散歩しているうちに夜になった。
京都駅から出たら目の前にはきょうとうタワーが現れた。
京都タワーかぁ〜、どの地域も大抵何かしらのタワーを持っている気がするな。

12月の28日で年末だったので、街を歩いていると飲み会帰りの人などがたくさんいて、がよいお年を〜とか言いあっていて、年末を感じた。
街が年末休み突入準備を楽しんでいる人間で賑わっていて、活気があった。
都会でさらに観光地がたくさんある場所なので、外国人がたくさんいた。グローバルな感じでとても良い。
バケツか何かを楽器として演奏している路上パフォーマーみたいな人もいた。


f:id:idoushiki:20171230214959j:plain
鴨川沿いを散歩した。
街中と比べてかなり静かだ。
夜、川に浮かぶ街の光や夜景を見ながら脳内を空っぽにして川沿いを歩いていると、心地良い。
常に焦燥感や不安や嫌なことで溢れかえっている苦痛を少しの間だけ忘れていることができた。
精神にまとわりついたグチャグチャしたゴミの塊も2017という年とともに、川にぶち込んでどこか遠くに流してしまおうか。

おそらく、住んでいる場所から物理的に離れているということが一種のリラックス効果をもたらしているのかもしれない。
帰るにしてもものすごく時間がかかるので、やるべきことややらなければいけないことなどを心配しても無駄なので、余計な不安で頭をかかえる必要がなくなる。
そのため、現実に戻る(帰る)まで脳みそをリラックス状態にできるのだろう。


f:id:idoushiki:20171230222841j:plain
熱海駅

f:id:idoushiki:20171230222957j:plain
夜の八坂神社付近

f:id:idoushiki:20171230214753j:plain
途中で富士山が見れたのでよかった


f:id:idoushiki:20171230214835j:plain
天然のかき氷も登場した(雪を見た)

f:id:idoushiki:20171231010800j:plain
f:id:idoushiki:20171230215006j:plain
鴨川沿いを散歩した


f:id:idoushiki:20171230215239j:plain
東本願寺


電車で目的地に着くまでも面白かった。
海が見えたり富士山が見えたり、雪が観れたりと、移動中も楽しめた。
今回は1目的地にたどり着くことを主な目的としていたので一泊で帰った。
しかし、行き方の感覚は掴んだので、今後金が貯まったら18きっぷを買って、また遠い場所まで行って、そこに長く滞在してみたいと思う。
ネットカフェと18きっぷを利用すれば、コスパ最強の国内旅行ができそうだ。