移動式のブログ

ガジェット、アニメ、プログラミング、考えたことその他色々・・・特にこれといったテーマはないカオスなブログです。

空を見上げれば、タイムテレビがあった。

タイムマシン、タイムテレビ。
漫画で青いやつがポケットの中から出してくる空想上の機械だ。
しかし、空を見上げてみれば、そこには過去が写っている。
何気なく見ている星はヘタしたら何千年も何億年も昔の星だ!


宇宙とか、時間とかについて思ったことを感覚的に書きたくなった。
「光速」と「とりあえず、光速がこの世界で一番早い速度」ということについて考えたら、タイムマシンは無理でもタイムテレビってある意味すでに存在しているようなものじゃんと思える。


・光の速度と時間と距離
光の速度は秒速約30万キロメートルだと言われている。
そして、夜に見える星は、何千光年と離れているため、光が地球に届くまで何千年もかかる。
例えば、ベテルギウスという星は地球から640光年くらい離れているため、今見ている光は640年前に発せられた光ということだ。
過去を見ているということになる。その星を今見ていても、その見えている星は640年前の姿ということになる。
たとえ今その星が消えたとしても。640年過ぎるまで地球から見るぶんには存在し続ける。

・遠く離れた場所の現在を知ることはできない

以下、地球にいる観測者(自分)を主役として考えよう。
まず、自分は夜空の星を見た。そしてその星は100光年離れた星である。
星は100年かけて自分の目に届いたため、100年昔の世界が現在目の前に見えることになる。
もし、現在星が消えたとしても、地球にいる自分の目には星が存在していて、100年経つまで消えることはない。
神の視点で宇宙を見れば、星は消滅しているのだが、地球にいる自分の視点では、星が消えたことが伝わるまで100年かかる。
遠く離れた場所の「今この瞬間」を知ることはできないことになる。
そう考えると、数メートル先の人が「今」動いているように見えていたとしても、光が伝わる速さがあまりにも早いため「リアルタイムで」見ているように感じるだけで、実際に見ているものは全て過去のものである。
太陽の光が地球まで届くのに8分かかるらしい。面白いことに、今この瞬間太陽が爆発しても地球上では何に変化もなく太陽が見えている。そして、8分後に太陽が爆発する瞬間が見える!ということだ。

横浜 夜景

トマトソースパスタにししとうが合う

以前、トマトソースパスタについて書いた。
なんとなくししとうを入れて見たら美味かった。

idoushiki.hatenablog.com


ペペロンチーノを作る

最近、トマト缶でトマトソースのパスタをよく作っていたが、調味料の粒状の乾燥ニンニクを持っていたため、ペペロンチーノを作ることにした。
f:id:idoushiki:20200309003841j:plain
材料
・麺
・塩
オレガノ
・ニンニク
・唐辛子
・オリーブオイル
・水

以上の材料を適当に混ぜて加熱。茹でた麺にかければ完成。

近況:労働について

労働を始めて、もう少しで一年近経つのだな、もう3月である。
今のところ、テスターとして、システムのテストをやっている。
テスターと聞くと、手順書通りに動かしてバグなく動くか試してればいいだけの楽な作業なんてイメージがあるかもしれない。
しかし、今いるところは単に手順書通りに操作して試すだけではなく、データの作成もある。そして、テスト手順書に不備も多い。
そのため、どうテストするか、どうデータ作成するかを考えたり、開発側に電話で問い合わせたり直接聞きに行ったり・・・など
想像よりも割と難しい。

去年は、難しい案件がやってきて、月50時間ぐらいの残業をするなどした。
今年になり、2月に再び難易度の高い案件がやってきて、何度かデータの作成や操作に失敗するなどして苦戦した。スケジュール上数日遅れてなんとか完了。
さらにその次にテストの手順書を作成もすることになっていたため、脳の稼働率がずっと100%で煙でも出そうであった。
休日出勤(ブラックじゃないから代休はあったよ)や終電間近で帰る日もあり、一時的に軽くゾンビみたいな状態になっていた。
しかし、その分次の給料が良い感じになっているだろうというのが救いである。
また、特に難しい案件ではなかったり忙しい時期でなければ残業も月10時間くらいだったり、有給も取れたりする。

今のところ、一旦長い戦いが終わったような状態かつ、代休も土日につなげてとった。
平日に横浜まで行きブラブラと海沿いを散歩して、夜に夜景を見に行ったり、日曜日はフォロワーの人とサウナに行って脳と体をオーバーホールするなどした。

パスタ トマトソース

トマトソースのパスタを作った。

使用した材料は麺、塩、コショウ、トマト缶、バジル、オレガノ、オリーブオイル、粒タイプのにんにく調味料。




麺と、少量のを塩を水の入った鍋に入れ、加熱。柔らかくなってきたら一本味見してみて大丈夫そうになったら麺は完成。
ソースは、材料を適当に混ぜて加熱すればOK。

長期間保存できるような材料かつ、安く買えるものでうまいものが食べられるので良い。

アナログ時計について

腕時計について

f:id:idoushiki:20200223220845j:plain
最近は、スマホで時間が見れるので、腕時計はあまり必要ないと思う人が多いかもしれない。
しかし、時間を確認するときにわざわざスマホを出すというのが面倒である。
スマホを出し入れする頻度が上がると、スマホや、その他ポケットやバッグの中に一緒に格納しているものを落としてなくす可能性が増えそうである。
また、狭い場所や歩いたり走ったりしている時、運転中の時など、スマホを手にとって見る暇がない時にパッと時間が確認できるので良い。
野外だと太陽の光のせいで画面が見づらいが、腕時計なら視認性が良い。



腕時計を買うときに、上の画像のようなアナログ時計(針の時計)かつ、文字盤がバーインデックス(時計に目盛はついているけど数字が書かれていないやつ)を好き好んで選んでいる。

・アナログ時計が良い理由

全体を把握できる地図のようだから

時計が地図だとして、デジタル時計は自分の現在地しか見ることができないが、アナログ時計は全体が表示された地図のようだ。
自分が時間という世界のどこにいるのかが、感覚的にわかる。
全体の地図を見て、現在地から目的地が遠いのか近いのかがわかるような感覚だ。

デジタル時計だと、何時何分何秒!と、ピンポイントでいま何時なのかがわかるが、その時間が目的の時間から遠いのかがすぐにわからない。
アナログ時計は自分の現在地が表示される地図で、デジタル時計は自分が今いる緯度経度が表示される機械みたいなものと例えられる。
時間を位置というか形というかで捉えている感覚なのだろう。
デジタル時計は自分の現在地の地名が表示されるだけでマップが表示されないが、アナログ時計は自分のいる場所の航空写真で現在地を見ているようだ。
これが心理的に良い影響があって、「今は1時だ、1時半が近づいているから急いだ方が良いな」とか「今は1時だし2時まで遠いから余裕があるな〜」と時間と感情が結びつくので安心感がある。時計の針の位置を見て瞬時に「急いだ方が良い」とか「のんびりしていて大丈夫」とか感じることができる。
逆に、それが悪い方向に働き、「まだ○時○分だし余裕があるな〜」なんて感じてのんびりしていたら時間が過ぎていた!なんてこともあるかもしれないが。

・バーインデックスの文字盤(棒線、目盛りだけの文字盤)

何時何分という時間の概念が存在しているが、時計という道具が存在しない世界だった場合どうだろう。
バーインデックスの時計を見ても何を表しているのかがわからないと思う。
しかし、アナログ時計という概念が存在している世界では何の文字も書かれていないのに、
目盛りと、針の向きが表している意味を完全に理解できてしまうということに面白さを感じる。
時計という機械が存在している国ならどこでも○時○分○秒と同じ意味を感じ取ることができてしまう。
並んでいる目盛りが時間で、針の位置が現在時刻で・・・と。

時計や時間とは何かと問いかけてくるような感じがする。
数字が書かれていないのに、針の向きと配置された目盛りを見るだけでそれが何を表しているかがわかる。
時計、時間という概念の本質をついたようなデザインだと感じる。

[オリエント時計] オリエントスター クラシック 機械式 腕時計 RK-AF0002S メンズ

新品価格
¥40,949から
(2020/2/23 22:12時点)


側開器 オープナー 腕時計 裏蓋開閉工具 2爪式側開け器

新品価格
¥845から
(2020/2/23 22:16時点)